本日の現場ブログ | 埼玉県で外壁塗装・屋根塗装のことなら外装本舗へ

株式会社外装本舗
お問い合わせ
ブログ
2018年11月27日 [外壁塗装]
「断熱性と遮熱性って、よく聞くけどどんな違いあるのかわからない」「断熱性と遮熱性の違いを知っておきたい」屋根塗装の性能について調べたことがある方の中には、断熱性と遮熱性という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
上記のようにお考えの方も多いかもしれません。
近年、聞く機会が多くなっている遮熱性。具体的に断熱性とはどのような違いがあるのでしょうか。
今回は、断熱性と遮熱性にはどのような違いがあるのかをわかりやすく解説していきます。

□「断熱性」と「遮熱性」

そもそも断熱性・遮熱性とはどういった性能なのでしょうか。順に説明していきます。

*断熱性とは

断熱性とは、熱が伝わりにくい素材を使用することによって、空気や建材を媒体として伝わる熱の影響を受けにくくすることを言います。
ですので、断熱性が高い素材を、壁や屋根に取り付けることで、年間を通じて冷暖房費用の削減を行うことができます。

*遮熱性とは

輻射熱というものをご存知でしょうか。これは、太陽光が物体にあたり、暖かくなることをさしています。
この輻射熱は太陽光からの電磁波によるもので、空気とは関係なく、伝わります。
そこで、この太陽光からの電磁波を反射させる機能を持った素材を使用することで、輻射熱を防ぎ、暖かくなることを防ぐ機能を遮熱性と言います。

遮熱性のある塗料を屋上や外壁に塗装することで、太陽光によって暖められすぎるということを防ぎ、夏場の節電効果に繋がります。

□断熱性と遮熱性の違い

断熱性は、暖められた外気によって住宅が温められることや冷えた外気によって住宅内部が冷やされることを防ぐ機能で、遮熱性は太陽光によって住宅が暖められることを防ぐ機能です。
このように、遮熱性は、太陽光よる温度上昇を防ぐものですので、夏場に活躍する機能であり、冬場にはあまり効果を発揮しません。
また断熱性は、空気を媒介とする温度の影響を軽減するものなので、窓から差す、太陽光による影響を防ぐことはできません。
窓から差す太陽光による温度上昇を防ぐためには、その窓が遮熱性の機能を備えていることが必要です。

□断熱性と遮熱性で光熱費を抑える

今まで断熱性が注目されてきましたが、遮熱性も近年多くの注目を集めている機能です。
自然光を多く取り入れた住宅が人気を集める中、太陽光が住宅に与える影響を軽減できる遮熱性は、大変合理的だと言えます。
断熱性だけでなく遮熱性も備えることで、より効果の高い光熱費の削減を行うことができます。
今回は、断熱性と遮熱性にはどのような違いがあるのかについてご紹介しました。

2018年11月23日 [外壁塗装]
多くの人ができるだけ快適な室温で過ごしたいとお考えでしょう。
そのためには住宅の遮熱性や断熱性を高めることが大事だと言われています。
しかし、そんな遮熱性や断熱性という言葉の違いがよくわからない方も大勢いらっしゃると思います。

この2つの言葉はそれぞれ違う意味を持つため、それぞれの意味と違いについてご説明致します。
屋根塗装を考えている方は特に塗料選びの参考になるので、ぜひご覧ください。

□断熱性とは?
まず断熱性を一言で表すと、熱を通さない性能です。

熱が家の中に伝導(熱が温度の高いところから低いところに流れていくこと)することを防ぎます。
つまり、家の中の方が外よりも暖かい冬には家の外に伝導しようとする熱を留めて室温を温かく保ちます。
また、家の方が外より涼しい夏には家の中に伝導していこうとする熱を家の外に留めて室内を涼しく保ちます。

家の中の温度が外の温度に左右されにくくなるのが断熱性と覚えておくとよいかもしれませんね。

□遮熱性とは?
遮熱性を一言で表すと、熱を反射する性能です。

対策を施していない家は絶えず日光の熱が入ってきます。
しかし、遮熱性を高めた住宅は日光の熱を反射する働きをしてくれます。
日光の熱を集めてしまうと室内は非常に高温になってしまうので、夏場には嬉しい機能と言えますが、冬場は全く意味がないのが弱点です。

□断熱材と遮熱材の違いとは?
2つの効果の違いは、冬場に機能するかどうかです。

断熱材→夏でも冬でも室温を一定に保ってくれる
遮熱材→夏には室温を一定に保ってくれるが、冬には機能しない

屋根塗装を考えていて夏も冬も一年中機能する屋根をお求めの方には、断熱性の高い屋根塗料がオススメです。

□断熱塗料のオススメはガイナ
ここまでで断熱性の高い塗料を使って屋根塗装をしたいと感じた方にはガイナがオススメです。
その理由は2つあります。

*理由1 高い断熱性
ガイナにはわずか1mmの塗膜で熱の伝導を防ぐ性能があります。
屋根に塗装をするだけで室温が一定に保ちやすくなるのです。

*理由2 経済的
屋根塗装は屋根の保護をするために必要な費用と考えている方が多いでしょう。しかし、それだけではありません。ガイナ使用によって室内温度が保ちやすくなるためエアコンを始めとする空調機器の費用が節約でき、経済的です。

□まとめ
この記事では断熱性と遮熱性の違いについて説明しました。
断熱性は夏も冬も機能して、遮熱性は夏にしか機能しないことがわかったと思います。
また、ガイナがオススメということもお伝えしました。
弊社ではガイナを用いた屋根塗装も行なっているので、不明点があればお気軽にご連絡ください。

会社
問い合わせ


2018年11月19日 [外壁塗装]
「屋根塗装をしたいけどどんな色にしたらいいのかわからない。」
「使ったらいけない色やオススメの色があれば教えて欲しい」

と思っている方はいらっしゃるのではないでしょうか?
屋根の色選びは難しいので迷ってしまいますよね。
この記事ではそんな方々のために、屋根塗装の色選びのポイントについてご説明致します。

□屋根塗装の色選びのポイント

*ポイント1:外壁との相性を考える
まずは外壁との相性を考える必要があります。
仮に自分の好きな色が紫だったとしても、外壁の色がオレンジだとすれば目がチカチカしてしまいます。
外壁の色を無視して好きな色を選ぶのは避けた方がいいかもしれません。

オススメは同系色を選ぶことです。
茶色とベージュは王道ですが、このように同系色で揃えると自然な仕上がりになります。

*ポイント2:奇抜な色は極力避ける
奇抜な色は避けた方が良いかもしれません。
周りの建物との相性が悪く、周囲の景観を損なってしまう可能性があるためです。
近隣住民とのトラブルに発展してしまうこともあるので、特別な理由がない限りは無難な色を選ぶのが良いでしょう。

また、奇抜な色の使用は景観条約で禁じられている可能性もあります。
特別なこだわりがあり奇抜な色にしたい場合は、その地域の景観条約をチェックしておくのがオススメです。
色選びは周りとの兼ね合いもポイントと言えます。

*ポイント3:面積効果を考慮した色選びをする
面積が小さい見本では色の見え方が変わると言われています。
これは面積効果と言われていて、小さい面積の場所では落ち着いた色だと思っても実際に施工してみるとかなり明るい色だったという場合があるのです。

こういった目の錯覚を考えて少し暗めの色を指定したり、実際に施行されている屋根の写真を業者に見せたりするのが良いかもしれません。

□人気なのは暗めな色
色あせしにくく、汚れが目立ちにくい暗めな色が人気です。
原色に近い色はどうしても色あせしてしまいますし、白っぽい色は汚れの影響を強く受けてしまいます。

しかし、ご自身が良いと思った色を業者の担当者に相談してみて1度アドバイスをもらうのが良い方法でしょう。

□まとめ
この記事では屋根塗装の色の選び方についてご説明致しました。
屋根塗装は暗い色が人気で、周りの景観や外壁の色との兼ね合いもあることがおわかりいただけたかと思います。
弊社では屋根塗装に関してお客様に的確なアドバイスを致しますので、興味を持った方はぜひ1度ご連絡ください。

会社
問い合わせ


2018年11月15日 [外壁塗装]
屋根塗装をするなら失敗は避けたいところですよね。
しかし、ある程度の知識がなければうまくいかないことが多くなってしまうかもしれません。

どの業者に頼むべきか?
どのような施行をするのか?

わからないことは多いと思います。
この記事ではそんな方のために、屋根塗装を考えるときに最低限知っておくべき基礎知識についてご説明致します。

□屋根塗装の基礎知識
*なぜ屋根塗装をするか
屋根塗装は外観がきれいになるだけのものと考えている方も多いようです。
屋根塗装は確かに外観を美しくする効果がありますが、それだけでなく補強の役割も持っています。
塗料には雨などの外部刺激から屋根を守り建築物の耐用年数を延ばす効果があるのです。
手入れしていない屋根は劣化してくるので、定期的に塗装を塗り直さないと雨漏りや剥がれで多額の修理費が必要になります。

*塗装時期の目安について
目安は10年と言われていますが、必ずしもそうとは限りません。
屋根によっては日光や雨によるダメージを深刻に受けている場合があるからです。
同じダメージを同じだけ受けている屋根はほとんど存在しないので、自分でチェクしておいてタイミングを見極めるのがオススメと言えます。

カビやコケがないか?
塗装が剥がれたり色落ちしたりしていないか?

これらは屋根塗装のタイミングの目安となるためご自分で確認しておくと良いかもしれません。

*業者選びについて
同じ作業をしてもらうのならできるだけ質の高い施工をして欲しいですよね。
しかし、業者の中でも腕の良い業者とそうでない業者がいることも事実です。
見積もりの際に細かい質問までしっかり答えてくれるか、熱意が伝わるかを確認するとよいでしょう。

*値段に関して
値段は家の状態によって左右されるため、屋根の劣化が進んでいる屋根の場合は相場より費用が高額になる可能性があります。

また、塗料にもグレードがありそれぞれに特徴や耐用年数に違いがあります。どの塗料を使用するかによっても値段は変動します。
代表的な塗料としては、安価で発色のよいアクリル塗料、高級で耐用年数の長いフッ素塗料があります。ご自身の家に適した塗料を使ってもらうと良いでしょう。

□まとめ
この記事では屋根塗装をする前に知っておくべきことについてご説明しました。
屋根塗装をする理由や塗装をする目安の時期、値段、業者選びにも言及したので、ご参考にしていただければと思います。
屋根塗装は屋根を綺麗にするだけでなく、雨漏りや劣化を防ぐ役割を担っているので、そろそろその時期だという方は1度検討してみて下さい。
会社
問い合わせ



2018年11月11日 [外壁塗装]
外壁塗装は高額な費用がかかるため絶対に失敗したくありませんよね。
しかし、トラブル事例も少なくありません。
そういったトラブルを1つずつ見ていくと、どうすれば未然に阻止できるかがわかるようになるかもしれません。
この記事では外壁塗装のトラブル事例を紹介いたします。
今後の参考にしてください。

□外壁塗装のトラブル事例

*手抜き作業でトラブル
意図的に手を抜いた作業を行う業者も存在します。
お客様は契約時や施工完了時にこのような手抜き工事に気づけないだけでなく、期間が経たないと施工の影響がわからないのです。

意図的な手抜き工事の具体例としては下塗りが挙げられます。
下塗りを手抜きしても出来上がった瞬間は綺麗な仕上がりに見えます。
しかし、時間が経つにつれてだんだんと状態が悪くなるのです。
工事からしばらくして塗装が落ちたり、剥がれてきたりしてお客様が業者に責任を問いますが、業者側はそれを自分たちの責任にしたくないというトラブルの構図です。

*作業ミスでトラブル
作業ミスでトラブルになってしまうことはよくあります。
花壇や庭の他の場所に塗料がついてしまったり、作業の工程を忘れてしまって雨漏りになってしまったりします。

それ以外にも、外壁塗装の仕上がりが思ったよりも色が濃いなど、仕上がりに関するトラブルもあります。

お客様からすると自分の頼んだ色と違うが、業者からすると言われた通りに作業したためトラブルに発展します。

*周りからの苦情でトラブル
周りへの挨拶回りが不十分であると、周りの住宅から苦情の声があがることがあります。
外壁塗装の工程には臭いが発生したり、騒音が発生したりするものがあり近隣の方に影響を及ぼします。依頼した業者にはできるだけ丁寧に挨拶回りをしてもらった方が良いです。


*金額をめぐってのトラブル
見積もりで示された以上の値段を求められたという事例はよくあります。
お客様に無断で追加工事をしたり、値段のことを一切相談せずにオプション工事を施すことでトラブルになります。

そういった業者に当たらないように、価格設定をしっかり吟味することが大事です。
まずは業者選びの点から、慎重にすることでこのようなトラブルは防げるのではないでしょうか。

□まとめ
この記事では外壁塗装を取り巻くトラブルに関してお伝えいたしました。
色々なトラブルがありましたが、大事なのは業者選びです。
見積もりの時点で値段や工程、過去の実績などを調べて質問を用意しておくようにしてください。
弊社は外壁塗装の質に自信を持っています。外壁塗装でお悩みのお客様はぜひ1度ご相談ください。

会社
問い合わせ


2018年11月07日 [外壁塗装]
「なんだか塗装が剥がれてきたな」
「そろそろ外壁塗装したいな」
と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
しかし、具体的に工事の流れがどうなっているか分かっていないと依頼しにくいですよね。
工事の流れをしっかりと理解していれば外壁塗装が始まった時に慌てなくてすみます。
この記事ではそんな外壁塗装の工事の流れについてご説明致しますのでぜひ参考にしてください。

□外壁塗装の流れについて
*挨拶回り
まずは周りの家に対して業者が挨拶して回ります。
挨拶回りをいい加減にすると感じが悪く、後になってご近所トラブルになるので挨拶回りはしっかりする必要があると覚えておいてください。
弊社でも特に密接した家の方には粗品を送るなど、しっかりと挨拶回りをいたしております。

*足場作りと高圧洗浄
足場を組み立ててから養生シートを周りに貼ります。
これが終わると高圧洗浄をするのですが、この工程で手を抜いてしまうと後の仕上がりが変わります。しっかり汚れを落とさないと塗料が密着せず、後々の劣化の原因に繋がります。

*シーリング工事
シーリング工事をきちんと行わないと後からトラブルにつながります。
シーリングが傷んでしまうと後から雨漏りをしてしまうこともあるので、入念な施工を意識しなければなりません。

*補修工事とビニール養生
補修工事をしてからビニールで養生します。
補修工事は外壁の傷んでいる部分を補修する作業です。ここでクラック(外壁に入ったヒビ)などを補修します。傷があるのに補修せずに塗装を行うと塗膜の劣化を早める原因となります。

ここまでで塗料を塗れる壁の状態にしたので、次からは実際に塗装していきます。

*外壁下塗り
塗装は通常3回塗り重ねますが、一番はじめに塗る塗装のことを下塗りといいます。
下塗りを薄くしたり、とにかく急ぎ足で施工すると、後の上塗りの質が落ちてしまいます。
外壁の下塗りは上塗りと同じくらい大事にしておく必要があります。

*外壁中塗り、上塗り
外壁の中塗りと上塗りをしていきます。
お客様の理想の色を実現できるように入念に塗装していく作業です。

*屋根塗装から足場崩し
全ての工程が終わり次第足場を崩して工事終了です。
出来上がりをお客様に見ていただき、納得していただけたら引き渡しとなります。

□まとめ
この記事では外壁塗装の流れについてご説明致しました。
外壁塗装の工程ははじめの段階から入念に作業を行わないと失敗につながります。
弊社ではお客様に満足していただけるように全ての工程において全力で質の良い施工を致します。
外壁塗装をお考えの方はぜひ一度ご相談ください。

会社
問い合わせ


2018年11月03日 [外壁塗装]
「チョーキング現象とか書いてあるけど、どんなものなのか全然わからない」
「なんでできるのか知りたい」

そのような疑問をお持ちではないでしょうか?
確かに、聞きなれない用語なので戸惑ってしまうかもしれません。
この記事ではチョーキング現象について理解していただけるように1からこの現象についてご説明致します。

□チョーキング現象とはなんなのか
まず、チョーキング現象とは傷んだ外壁の症状の1つです。
このチョーキング現象は外壁の塗り替え時期の目安としても知られています。
チョーキング現象はご自身でも簡単に確認することができます。ご自宅の壁を手で触ってみてください。白い粉がつき、手のひらが真っ白になってしまうとチョークング現象が起こっています。
チョーキング現象は劣化症状ですが、確認できてすぐに壁が崩壊してしまうことはありません。しかし、壁が劣化してきたサインですので外壁塗装をするのがオススメです。

□原因は一体なんなのか
チョーキング現象の原因は経年劣化です。
長い間風に吹かれ雨に打たれて、紫外線に晒されて壁の塗料が傷んできてしまうことが原因です。
そのほかにも海に近い場合は浜風で傷んでしまうこともあります。

□どれくらいの期間でチョーキング現象は起こるのか
チョーキング現象が起こる期間については塗った塗料の種類によります。
ただ、使用した塗料の寿命と比較して明らかに短い年月でチョーキング現象が起こった場合は業者の施工不良が原因の可能性があります。
きちんと施工が行われた外壁であれば2年や3年でこの現象が起こることは通常ありません。

□チョーキング現象を放置するとどうなるか
チョーキング現象が起こっているにも関わらずそのまま放置しておくと更なる劣化につながります。
外壁がひび割れてしまったり、コケてしまいます。これらの悪化を防ぐためにまずは外壁塗装をすることを考えてください。

チョーキング現象そのものは直接外壁に害をなすことはあまりありませんが、外壁が傷んでいることを前もって教えてくれるサインと思ってもらえるといいかと思います。

□まとめ
この記事ではチョーキング現象がなんなのかということをご紹介しました。
白い粉が手につくとチョーキング現象が起こっているサインであり、放置すると他の症状も現れてくるということがおわかりいただけたかと思います。
もし壁を触ってみて白い粉がつくようであれば、塗装をするのがオススメです。
弊社は丁寧で腕の良い塗装ができるので、ぜひ外壁塗装を考えている方はご相談ください。
従業員一同真摯に対応致します。

会社
問い合わせ


PageTop